史上最高値を更新、さて日本では?

Browse By

 NY 株式市場は昨日、史上最高値を更新した。 あれだけ、住宅不況や金融不安を騒がれてきたのに、いつの間にか株式市場は戻ってきていたわけだ。

 背景には、米国の中央銀行にあたる FRB (連邦準備理事会) が史上空前の金融緩和と未曾有の資金供給を実施し、それが経済の現場で効果が出はじめてきている点があげられる。

 前にも書いたが、米国の場合は低金利政策が経済活動全般を刺激するのは、まさに教科書通りである。 銀行など一部の業種では金融バブル崩壊の後遺症が残るものの、米国経済全体でみると超低金利政策とジャブジャブの資金供給は必ず効いてくる。 なにしろ、金融や住宅産業だけが米国経済ではないのだから。

 おそらく経済活動のあちこちで前向きの動きが高まってくるのだろう。 それを予見するかのように株価がじりじりと上がってきて、いよいよ新高値の領域に入ってきたわけだ。 この流れで米国経済は金融バブル崩壊のマイナスを克服して、上昇軌道に乗っていくことになろう。

 ひるがえって日本は、アベノミクスを好感して株式市場や経済活動の現場で明るさが出てきているが、このムードをなんとしても高めていきたいものだ。 経済は生き物だから、人々の前向きのムードも景気浮揚に重要な役割を果たす。 時として、政府の景気対策よりも大きな効果をもたらしてくれる。

 ちなみに、株価がどんどん上昇していけば資産効果で放っておいても消費や企業の投資活動を高まっていく。 したがって、アベノミクスどうのこうのを云々するよりも、国民一人一人がどんどん株を買っていくことだ。 株価が先行上昇していけば、いくらでも経済回復を先導することができる。 したがって、ここは素直にというか悪乗り気味にでも株価上昇に一人でも多くの人が参加したいもの。

 これは、みなが意識したい大事なポイントである。 日本の場合、超低金利政策は米国のようなプラス効果を生まない。 なにしろ経済規模の1.7倍もの個人マネーが預貯金に眠ってのだから、家計の利子所得を奪えば奪うほど個人消費は落ち込み経済全体にマイナスとなる。 これは何度でも指摘するが、1993年の9月からの超低金利政策が日本の家計や経済をどれほど痛めつけてきたことか。

 日本の政策当局は超低金利政策のマイナス面を考えようともしない。 一方、日本の家計はただ安全だからと預貯金に資金を寝かせておいて、得べかりし利子収入の山を延々と積み上げているのだ。 よく言われる金融教育とかも、この辺りから物事を考えることだ。 経済全体にどれだけもったいないことか、もっともっと意識を高めたいもの。

 その意味でも、預貯金から自分のお金を引き出して株を買うことは、資産防衛であるし経済活動活性化に積極貢献するのだ。 どれだけ大事な行動か一人一人が認識を高めようぜ。

 明日は工場訪問のためブログお休みです。

 

 ブログへのコメントや質問への回答は、毎月第2第4水曜日20時より配信される生放送番組、「インベスターズTV水曜劇場」にてお答えしております。 当ブログでお答えすることはありませんので、ご注意ください。 インベスターズTV水曜劇場は http://www.investors-tv.jp でご覧になれます。

 

 【広告】

 本の紹介です。電子書籍版で、スッと読めるボリュームに抑えています。

 澤上篤人の新著「長期投資家のための企業分析と実践」が発売されました。 普段「なぜ長期投資・運用が必要か」を題材にした本、またはセミナーが多い著者ですが、今回は、その実践編となる企業の分析方法などを具体的に書いています。 直接投資をされない方でも「富とは」「費用とは」を考えることができる一冊となっておりますので、ぜひご覧ください。

 さわかみ投信取締役運用本部長の黒島氏の本も合せてご紹介します。ちなみに、黒島氏の本は紙媒体も用意しております。

 澤上篤人「長期投資家のための企業分析と実践」
 https://play.google.com/store/books/details?id=C3cfzZzBRNUC&source=gbs_api

 澤上篤人「お金をまわして日本を元気にさせよう」
 http://itunes.apple.com/jp/app/id475297966?ls=1&mt=8

 黒島光昭「特許物語」
 http://itunes.apple.com/jp/app/id459089234?ls=1&mt=8

 http://scps.shop28.makeshop.jp/shopdetail/002000000001/

 

2014年10月全国上映で感動を巻き起こした映画「ザ・テノール」 特典映像をタップリ盛り込んだDVDが絶賛販売中!!

甲状腺ガンによって声を失った天才オペラ歌手ベーチェチョル。 二度と歌うことは出来ないと診断され人生を諦めかけたが・・・。 家族や友人との強い絆とサポートによって見事舞台復帰した彼は、今もなお、現役歌手として満席の大ホールで歌を届けています。 諦めず信じ続ければ奇跡は起こる。 奇跡は周りにいるたくさんの想いによって実現する。 まさに、ベーチェチョルさんの復活劇は奇跡そのものでしょう。
そんな奇跡の実話を演じ映画を彩るのは、韓国実力派俳優のユジテさん、志を貫く俳優伊勢谷友介さん、そしてチャイエリョンさん、北乃きいさんなど。 特典映像には、映画のもととなった実際の映像を収録。 全盛期のベーチェチョルさん、声を失った瞬間から舞台復帰まで。 更に映画製作のメイキング映像やNGシーンなどお宝映像満載。 全国の上映情報や自主上映会のお申し込みも!

http://the-tenor.com/

プレゼントに「R.surfer」のシャツはいかが?

素材や縫製にとことんこだわったドレス&カジュアルシャツ「R.surfer」をお父さんや彼氏、就職したお子さんへ!!
海からあがっても忘れてはいけない自然への尊敬の念や本気度、遊び心。 「R.surfer」は本物のサーファーのためにその生き様を維持するために作られたシャツです。
ロード(陸)を意味する「R」を両袖のカフスに刻み、左襟と右袖には象徴となる「R.surfer」の刺繍を施しました。 生産は、日本製シャツで名高い「HITOYOSHI」さんにご協力いただき、100%綿、天然貝のボタンなど素材全てに本物を使用、国内工場で縫製も最高品質に仕上がりました! 身長 × 体型の合計8種類から選べるサイズ展開、極端な痩・大柄以外なら誰でもジャストフィットを探せます。 フォーマルシーンに相応しいホワイトレギュラーシャツから、遊び心たっぷりのボタンダウンギンガムやストライプなど計6種。 用途によって使い分けてください!
R.surferはサーファー向けシャツではありますが、本物を追い求める多くのビジネスマンにもご利用いただいてます。

http://www.rsurfer.com/

日本初上陸の虫歯菌を無くすキャンディ「ロロス」登場

虫歯は複数の原因で引き起こされるということをご存じですか? まだまだメカニズムの研究が行われている虫歯の世界ですが、(1)糖(餌) (2)時間(酸性) (3)歯質  (4)細菌 が原因だと現段階では言われています。 (1)~(3)は生活習慣の改善、唾液の再石灰化などで改善できますが、(4)の細菌のコントロールが難しい・・・そこでロロスの出番! 漢方でも使われるウラル甘草根から抽出した成分は虫歯の原因となるS.ミュータンス菌の活動を無効にし、なおかつ虫歯を進行させるラクトバチラス菌やS.ミュータンス菌同様の活動をするソブリヌス菌にも働きます。
ロロスはキャンディでありながら口腔ケアが出来る画期的な商品。 そして口の中の衛生環境は全身疾患との関係もありとても大事。 せっかくの口腔ケア、簡単で美味しい方が良いですよね? ぜひ、皆さんの生活習慣にロロスを!! 私たちは歯科医院さんと共に予防意識の広がりを願っています。

http://www.loloz.jp/