早すぎて、損はない

Browse By

昨日のセミナーでも質問にあったのが、投資のタイミングをどう計るかである。

評論家的に、あるいは後講釈的になら、誰でも完璧のタイミングをとらえることができる。

しかし、実際に投資したり、運用したらわかるが、そう簡単なことではない。

ピタッと決まったりしたら、むしろ「まぐれ当たり」と思うぐらいが、いいところであろう。

もちろん、お客様の大事な虎の子をお預かりしているわけだから、できるだけタイミングよく投資運用したい。

しかしながら、タイミングにとらわれ過ぎると、後手にまわりかねない。 それは最悪である。

投資において絶対に避けなければならないのは、後手にまわることである。

つまり、上昇相場を後から追いかけ買いして、一層の押し上げ役にまわる。 わざわざ高値買いをする愚を犯すわけだ。

下げ相場で慌てて売れば、株価をさらに押し下げるだけのこと。 自分の売りで、わざわざ損を拡大させてしまうのだ。

どちらも、愚の骨頂である。 心掛けるべきは、いつでも早め早めの投資に徹すること。 それに尽きる。

下げている間に早くも買いに入ることで、安い間にたっぷりと買い仕込める。

売る時も、上昇相場が続いている間に売り上がっていけば、高値の間に利益確定できる。

早め早めの投資行動は、評論家や後講釈的には、得べかりし利益が少ないかもしれない。 それでも、一向に構わない。

なにが起こるか知れない運用の世界において、早め早めが最も堅実な投資行動となる。

2014年10月全国上映で感動を巻き起こした映画「ザ・テノール」 特典映像をタップリ盛り込んだDVDが絶賛販売中!!

甲状腺ガンによって声を失った天才オペラ歌手ベーチェチョル。 二度と歌うことは出来ないと診断され人生を諦めかけたが・・・。 家族や友人との強い絆とサポートによって見事舞台復帰した彼は、今もなお、現役歌手として満席の大ホールで歌を届けています。 諦めず信じ続ければ奇跡は起こる。 奇跡は周りにいるたくさんの想いによって実現する。 まさに、ベーチェチョルさんの復活劇は奇跡そのものでしょう。
そんな奇跡の実話を演じ映画を彩るのは、韓国実力派俳優のユジテさん、志を貫く俳優伊勢谷友介さん、そしてチャイエリョンさん、北乃きいさんなど。 特典映像には、映画のもととなった実際の映像を収録。 全盛期のベーチェチョルさん、声を失った瞬間から舞台復帰まで。 更に映画製作のメイキング映像やNGシーンなどお宝映像満載。 全国の上映情報や自主上映会のお申し込みも!

http://the-tenor.com/

プレゼントに「R.surfer」のシャツはいかが?

素材や縫製にとことんこだわったドレス&カジュアルシャツ「R.surfer」をお父さんや彼氏、就職したお子さんへ!!
海からあがっても忘れてはいけない自然への尊敬の念や本気度、遊び心。 「R.surfer」は本物のサーファーのためにその生き様を維持するために作られたシャツです。
ロード(陸)を意味する「R」を両袖のカフスに刻み、左襟と右袖には象徴となる「R.surfer」の刺繍を施しました。 生産は、日本製シャツで名高い「HITOYOSHI」さんにご協力いただき、100%綿、天然貝のボタンなど素材全てに本物を使用、国内工場で縫製も最高品質に仕上がりました! 身長 × 体型の合計8種類から選べるサイズ展開、極端な痩・大柄以外なら誰でもジャストフィットを探せます。 フォーマルシーンに相応しいホワイトレギュラーシャツから、遊び心たっぷりのボタンダウンギンガムやストライプなど計6種。 用途によって使い分けてください!
R.surferはサーファー向けシャツではありますが、本物を追い求める多くのビジネスマンにもご利用いただいてます。

http://www.rsurfer.com/

日本初上陸の虫歯菌を無くすキャンディ「ロロス」登場

虫歯は複数の原因で引き起こされるということをご存じですか? まだまだメカニズムの研究が行われている虫歯の世界ですが、(1)糖(餌) (2)時間(酸性) (3)歯質  (4)細菌 が原因だと現段階では言われています。 (1)~(3)は生活習慣の改善、唾液の再石灰化などで改善できますが、(4)の細菌のコントロールが難しい・・・そこでロロスの出番! 漢方でも使われるウラル甘草根から抽出した成分は虫歯の原因となるS.ミュータンス菌の活動を無効にし、なおかつ虫歯を進行させるラクトバチラス菌やS.ミュータンス菌同様の活動をするソブリヌス菌にも働きます。
ロロスはキャンディでありながら口腔ケアが出来る画期的な商品。 そして口の中の衛生環境は全身疾患との関係もありとても大事。 せっかくの口腔ケア、簡単で美味しい方が良いですよね? ぜひ、皆さんの生活習慣にロロスを!! 私たちは歯科医院さんと共に予防意識の広がりを願っています。

http://www.loloz.jp/